キタローのよみたんミーグルグル!!

よみたん中をミーグルグル。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にキョロキョロしながらウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 北窯

どうも、キタローです。
この間、北窯が窯出しだったので、ちょっくら覗いてきました。
kkd240601
ということで、せっかくなんで(何がせっかくなのかわかりませんが…笑)窯出しの夜の北窯四工房の様子をご紹介。
ちなみに、読谷山焼北窯は、3月、6月、9月、12月と年に4回登窯に火を入れるんです。
なので、今回は、今年2回目の窯出し。
kkd240602
まずは、與那原工房から。
その1
数はそこまで多くはなかったけど、結構いい感じで焼けてるみたいでしたよ。
kkd240603
與那原工房 その2
むむむ、このタイプのマカイは、ボクはあんまり見たことがなかったので…新鮮でした。
kkd240604
與那原工房 その3
代名詞(?)とも言えるペルシャの発色は、なかなかいい感じ!かな?
kkd240605
與那原工房 その4
湯呑みとコーヒーカップ。
kkd240606
続いて、宮城工房の様子 その1
なかなかの物量です。
kkd240607
宮城工房 その2
宮城工房といえば!のイッチンのものもたくさんありました。
kkd240608
宮城工房 その3
今となっては貴重ともいえる灰皿。
やっぱり、それなりの需要はあるんでしょうね。
今回は、注文でしょうか?
kkd240609
宮城工房 その4
イッチンは、湯呑みやカップ類もたくさんありました。
kkd240610
共司工房の様子 その1
いつもながら、器がずらりと並ぶ工房内。
いやぁ、壮観ッス。
kkd240611
共司工房 その2
チューカーの造形は、共司さんのものが一番好きかも(個人的見解)
kkd240612
共司工房 その3
各工房の若い従業員の皆さんが、今回の器の出来栄えや何かを器を手に取りながら色々と意見交換(?)している姿が見れるのも、窯出しのいいところかな。
こっそり聞き耳を立てて「へー、そうなのかー」とか「なるほど、そういう風に見るんだ」とか思っちゃたり「沖縄の焼物の未来は明るいなー」なんて親戚のおじさん的にグッときたり(笑)
kkd240613
共司工房 その4
こちらは、親方共司さんが作ったもののようです。
むむむ、さすがー。
kkd240615
そして、最後に米司工房の様子。
その1
数的には、共司さんのところほどではありませんが、こちらもかなりの数が整然と並んでました。
kkd240616
米司工房 その2
この一角は、ケンゴくんゾーンでしょうか。
真ん中の黍紋の皿なんか、いい感じだなー。
kkd240618
その3
こっち側には、カップ類がズラリ。
kkd240617
米司工房その4
こっちサイドには、各種サイズの皿が。
米司工房の絵付けは、共司工房に比べると雰囲気が優しいなぁと感じるのはボクだけでしょうか…。
と、北窯の各工房を一回り。
kkd240620
再び與那原工房に戻って、與那原さんをパパラッチ(笑)
kkd240621
そして最後は、恒例の與那原工房の宴会に参加したことは言うまでもありません。
今回は、日本酒祭りだったなー(笑)
またまた、ごちそうさまでした。
あー、窯出しの夜は楽しいなー。

どうも、キタローです。
昨日は、北窯の窯出しでした。
kd240301
ということで、ちょっと様子を見にいってきましたよ。(と、いいつつ飲みにだけど…)
ちなみに、この皿とマカイは、米司工房。
kd240302
まずは、こちら、宮城工房へ。
カップ類や一輪指しなど、いろいろな種類の器がいい感じで焼き上がっていました。
kd240305
宮城工房の様子、その2。
kd240303
宮城工房の様子、その3。
kd240306
宮城工房の様子、その4。
シンプルな絵付けの皿は、使い勝手が良さそうだな。
kd240304
宮城工房の様子、その5。
お弟子さんたちも、焼き上がりに満足そう…たぶん。
kd240307
そしてこちらは、共司工房。
大量の湯呑みとマカイが並ぶ様子は、いつみても壮観です。
kd240308
共司工房の様子、その2。
kd240309
共司工房の様子、その3。
kd240310
共司工房の様子、その4。
ナチュラルでモダンなカップアンドソーサー。
こんなので食後のコーヒーを飲むと、整いそうです。
kd240311
共司工房の様子、その5。
この皿、かっこいい。
kd240313
そして、米司工房の様子、その2。(その1は、最初の写真)
kd240314
米司工房の様子、その3。
大小のチューカー…按瓶ですね。
手前の線彫りのヤツ、いいな…。
kd240315
米司工房の様子、その4。
kd240316
米司工房の様子、その5。
kd240317
そして、與那原工房へ。
今回の焼き上がりは、良好!のようでしたよ。
kd240318
與那原工房の様子、その2。
ふむふむいい感じですね!
kd240319
與那原工房の様子、その3。
與那原さんが、窯詰め前にササッと作ったという小さなシーサー。
獅子というより、小動物ぽくてカワイー(笑)
kd240320
與那原工房の様子、その4。
美しい…持ち帰りたい気分になっちゃいました。(持ち帰らなかったけど)
kd240321
與那原工房の様子、その5。
発色もバッチリ!
與那原さんも、上機嫌なことでしょう。
kd240312
そして、夜は更けていく。
今回の窯は、どの工房もいい感じで、良かった良かった。

そしてそして、この後は、與那原工房でお約束の宴会へ突入(笑)
楽しい夜が更けていったのでした。

どうも、キタローです!
4年ぶりの北窯の陶器市。
2日目は、朝から行ってきましたよ。
kgt23d205
なんてったってね、キタローの「キタ」は、北窯から取ってますから。(諸説あり)
コレは、張り切っちゃいますよ。
kgt23d202
開場時間前から並んでくれていた皆さんへ、4親方が揃ってごあいさつ。
このへんが、北窯のいいところなんだよなー。
ということで、2日目スタート。
kgt23d207
前日に引き続き、お天気の方は、イマイチ…。
雨は降っていませんが、風が強く、気温の方も低め。
寒い一日になりそうです。
でも、お客さんは、一気にどっと!って言うわけではありませんが、朝から切れ目なくやってきていましたよ。
kgt23d204
こういうのんびりした雰囲気の陶器市は、久しぶりな感じ。(開催自体が、久しぶりなんですけどね…)
今回は、特別に広告を打ったり、各方面に積極的に告知もしなかったようなので、もしかしたら開催自体を知らなかった方も多かったかも。
観光で来たやちむんファンの方が、與那原工房で「たまたま、来たらやっていたのでビックリ!」と言っていたのが聞こえてきたし。
kgt23d208
何はともあれ、ボクもだけど、この日北窯を訪れたやちむんお好きな方々は、じっくり品定めができていつも以上に楽しめたんじゃないでしょうか。
kgt23d203
あ、そういえば、この日、会場をウォッチングをしてて感じたのは、家族連れも多かったのですが、一人で来場している男性のお客さんが結構いたこと。
やちむん好きって、女性の方が多いようなイメージですが、やちむん好きの男性も増えているんですね。(人のことは言えないけど…)
kgt23d209
あと、北窯のお弟子さんの中には、初めての陶器市という人が結構いて、「会計で時間かかったり、包装が間に合わなかったらどうしょう…」って心配していたみたいですが、とりあえず大きな混乱はなかったようでした。
久しぶりの陶器市は、このくらいの賑わいでちょうど良かったのかもしれませんね。
kgt23d210
ということで、陶器市も無事終了。
良かった良かった。
結局、始まりから終了(のあとの與那原工房の慰労会)まで、ずっと陶器市を楽しんだボクなのでした。(笑)

来年は、やちむんの里全体で、前のような陶器市ができるといいな…。
きっと、やってくれるんじゃないか。
楽しみ楽しみ。

どうも、キタローです!
4年ぶりに開催された、北窯の陶器市。
初日の様子を覗いてきましたよ。
kgt23d101
この日は、前日とは打って変わって北風が吹いてちょっと肌寒さを感じる天気。
まぁ、少し寒いくらいが陶器市らしいかもしれませんね。
なんたって、もう12月の中旬なんですから。
kgt23d102
ボクが行ったのは、午後2時くらいだったかな?
午前中は、大勢のお客さんで、行列もできていたようですが、この時間になると余裕を持って品定めをできちゃう雰囲気でした。
こちら與那原工房。
kgt23d105
宮城工房の様子。
品揃えが豊富。
中には、びっくりするくらいの掘り出しものがありました…。
kgt23d106
こちらは、共司工房。
こちらもまだまだ在庫豊富でした。
じっくり品定めできる雰囲気…いいですねー。
kgt23d107
そして、米司工房。
今年は、赤絵の特設コーナーはなかったけど、訳あり品のお買得コーナーがなかなか充実(?)していました。
4年ぶりの開催なので、ちょっと訳ありの在庫がたまっていたのでしょうか?
どの工房も、まさに掘り出しモノがいろいろありそうな感じでしたよ。
そういうボクも、いろいろチェックさせていただきました。
もちろん購入したモノも…。
それは、またいつかジマンしちゃうかも(笑)
kgt23d103
そして、特設といえばもう一つ。
今回も、金月そばのキッチンカーが特別出店していました。
kgt23d104
メニューは、こちらの「沖縄そば」のみ。
寒くなったので、やちむん選びの合間に、温かい沖縄そばっていうのもいいですね…っていうか、サイコーか。
kgt23d108
初日の北窯陶器市は、ちょっとのんびりした雰囲気でしたが、じっくり品定めもできてサイコーでした。
また、明日も行っちゃおうかな(笑)
でも、明日(日曜日)は、もう少し賑やかになりそうな気がします。
あと、風が強く寒くなりそうなので、防寒対策も忘れずに!ですね。

◆ 読谷山焼 北窯陶器市
  開催日 2023年12月16 日(土)、17日(日)
  時 間 9:00 〜 18:00
  会 場 北窯(北窯売店 読谷村座喜味2653番地1)

どうも、キタローです!
いよいよ明日から始まる、北窯の陶器市。
現場はどんな感じになっているのか気になっちゃって、いても立ってもいられなくなったので(?!)ちょっと様子を覗きに行ってきました。
kgtz01
夕暮れの北窯。
いい雰囲気。
kgtz05
各工房の前には、テントが張られて、明日の準備はほぼほぼ完了していましたよ。
宮城工房は、見たところカップ類がたっぷり。
kgtz02
與那原工房は、得意のペルシャの器がたっぷり。
kgtz03
共司工房は、さすがの品揃え。
kgtz04
米司工房も準備万端な様子。

久しぶり(4年ぶり!)の陶器市ということで、北窯はドキドキとワクワクが入り混じっていた雰囲気がお溢れていましたよ。
明日が、待ちきれない感じ。(笑)
ボクも、なんだかドキドキ・ワクワク。

きっと明日は、やちむんファンで大賑わいになっちゃうんだろうな。
楽しみ楽しみ。

◆ 読谷山焼 北窯陶器市
  開催日 2023年12月16 日(土)、17日(日)
  時 間 9:00 〜 18:00
  会 場 北窯

どうも、キタローです!
先日、北窯に遊びに行ったら、でっかい看板が!!
kti23k01
北窯陶器市。
上の窯の大親方の皆さんを含めた読谷山焼の陶器市(近年は、やちむんの里全体を巻き込んだ陶器市になっていましたが…)とはいきませんが、とりあえず今年は、北窯単独の陶器市として復活する模様です。
いやぁ、コレは嬉しい!
kti23k03
北窯の職員休憩所兼会議室(元の売店だったところ)を覗いてみると、12月窯のスケジュールもカレンダーに書き込まれていました。
来週の火曜日、11月28日に火入れして、
kti23k04
12月6日水曜日に窯出し。
それから1週明けて陶器市開催というスケジュールですね。
kti23k02
北窯の陶器市。
ホント久しぶりの開催なので、楽しみに待ってたやちむん(北窯)ファンが大勢いることでしょう。
ボクだってそうだもん。(ちょっとカワイ目に…)
当日は、大いに賑わっちゃいそうですね。
楽しみ楽しみ。

◆ 読谷山焼 北窯陶器市
  開催日 2023年12月16 日(土)、17日(日)
  時 間 9:00 〜 18:00
  会 場 北窯

どうも、キタローです!
先日、ちょっと用事があって北窯の共用のスペース(今の売店ができる前に売店だったところ)の壁にびっしりとカレンダーが貼られていました。
北窯の年間スケジュールが記入されているようでした。
kg2306k01
そうだ、そろそろ次の火入れがあるはずだろうと思って、チェックして見てみると…。
ありました!
次の窯は、6月6日火入れ、6月14日に窯出しのようです。
最近は、火曜日に火入れをして、翌週の水曜日に窯出しというサイクルになっているんですよね。
kghp02
その北窯。
この日は、6月の窯に向けて各工房で絶賛制作中のところ、ちょこっと中断してなにやら宴のようなものが開催されるようでした。
kghp01
実は、この日、北窯が新しいスタートを切ったということで、皆さん集まって、お祝いのバーベキュー大会(?)だったんです。
どうりでなんだかみんな嬉しそう。
何故かボクもちゃっかりごちそうになってしましました。(笑)

その、北窯の新しい取り組みについては、また別の機会に紹介しますね…お楽しみに!
盛り上がりすぎて、BBQの写真は、撮り忘れ…。

どうも、キタローです!
昨年、北窯は30周年を迎え、7月には、記念式典祝賀会が盛大に開催されました。
kg30a04
実は…その30周年記念式典・祝賀会の様子を収めた小さな写真集が作られていたんです。
kg30a02
はい。
それが、こちら!
タイトルは、「北窯の30年」。
表紙と裏表紙には、北窯の企画書に添えられた手書きの全体図が使われています。
こちらも、先日紹介した北窯の本と一緒に與那原さんからいただきました。
kg30a01
記念式典や祝賀会、それから桜坂劇場で開催された記念公演(!)の様子を中心に、北窯の日常風景のスナップ写真のみで構成された写真集です。
kg30a05
式典の会場の様子。
kg30a06
祝賀会の様子。
kg30a07
そして、北窯の日常風景。
kg30a03
北窯好きには、たまらない一冊だと思います。
しかし…この写真集は、関係者に配布されたもので非売品のようです。
スゴく貴重なモノをいただくことが出来ました。
與那原さん、ありがとうございまーす。

どうも、キタローです!
去年の12月、北窯の窯出の日に與那原工房に顔をだすと、與那原さんが「あー、ちょうどよかった、来い来い」と。
kgb03
そして「あのよー、本がでたから、あげようとおもっていたさー」と一冊の本を手渡してくれました。
kgb01
それがコチラです。
読谷山焼 北窯 四人の親方とやちむんづくり一年の記録
まるまる一冊、北窯のことが書かれた本です。
実は、以前、ひ窯(陶と厨子甕 ひ窯)のがーひーが、SNSにアップしていたので、チェックしていたんですよね。(っていうか、ソッコー予約注文していたんですけど…)
ありがたいことに、できたてのその本をプレゼントしてくれました!
一年の記録というタイトルですが、北窯の過去、現在さらに未来の展望まで、ほんと丁寧に描かれていて…北窯好きなら、必携の一冊だと思います。
kgb04
せっかくなので、目次を紹介すると、

【目次】
◎第1章 親方、それぞれの思い
 松田米司/松田共司 /宮城正享 /與那原正守

◎第2章 北窯のやちむんができるまで
 土づくり、共同作業/器づくり/窯焚き/窯出し/北窯の土/北窯の釉薬

◎第3章 北窯の作品
 松田米司/松田共司/宮城正享/與那原正守

◎第4章 北窯の成り立ち
 沖縄現代陶芸の中の読谷山焼北窯 倉成多郎
 読谷山焼北窯のあゆみ
 読谷山焼北共同登り窯設立企画書
 伝え手の北窯
 かつての弟子たち

スゴく良い本だと思ううので、北窯…いや、やちむん好きの人には手にとって欲しい1冊です。
Amazon を始めいろんなネットショップで注文できちゃうようなので、チェックしてみてください。

※後日、注文していた本が届いたので、実はウチに2冊この本があります。
 でも全然OK!1冊は見る用、もう1冊は保存用!


読谷山焼 北窯 四人の親方とやちむんづくり一年の記録
  発行日 2022年12月25日 初版第1刷発行
  著 者 北窯刊行会
  発行所 株式会社 グラフィック社
  定 価 2,500円(税別)

どうも、キタローです!
先日、北窯の窯出しの際に與那原工房にお邪魔すると…。
kg30al01
こんなものが置かれていました。
こ、コレは…表に「祝 築窯三十周年」と書かれています。
30周年記念したイベントのパンフレットだそうです。
そういえば今年は、北窯ができてから30年の節目の年なんですね。
おめでとうございます!
実に目出度い、目出度い。
kg30al04
手にとって中を開いてみると…
kg30al05
まず、北窯三十周年記念式典が、那覇の桜坂劇場で大々的に開催されます。
その名も「北窯三十周年記念感謝公演」!(笑)
入場無料で誰でも参加できるそうですよ。
4人の親方による「ハジカサートークショー」とか「窯焚きの秘蔵映像の上映」とか、気になります。
kg30al02
さらに、同じく桜坂劇場で、北窯4工房に加え、北窯で修行してメンバーが全国各地で開いた工房(27工房!)が一堂に会する展示即売会「大陶器市」が7月16日から31日まで開催されるそうです。
kg30al06
これだけ一つの窯の出身者のやちむんが集まる展示即売会は、かなりレアだと思うんですよね。
コリャ、今度の週末は、桜坂劇場に行かなくちゃ!だな。

北窯が、やちむんの里第一世代である読谷山焼窯から独立してから30周年。
いろいろ大変なこともあったと思いますが(そのへんは、ハジカサートークショーの中で聞けるかも…)北窯という場所が醸し出す雰囲気も、北窯から生まれるやちむんも、ホントに素晴らしいと思います。
そして、それは、親方たちの人柄によるところが大きいんじゃないかな。

今のやちむん人気の盛り上がりの中で北窯が果たしてきた役割はものスゴく大きいと思うし、その北窯で修練した皆さんが新しいムーブメントを次々に起こしています。
30周年は、たしかに大きな節目ですが、どの親方もやちむんの未来を担う人々を育てつつ、それぞれが常に新しい挑戦を続けています。
これまでも、そしてきっとこれからも読谷、いや沖縄…いやいや日本を代表する窯であり続けてくれると思うな。

これからの北窯も楽しみ楽しみ。

北窯三十周年記念感謝公演 & 大陶器市
  会 場 桜坂劇場 那覇市牧志3-6-10
  日 時 2022年7月16日(土) 開演 14:00( 開場 13:30 ) 
      ※大陶器市は、7月16日(土)〜 7月31日(日) 9:30〜20:00

↑このページのトップヘ