キタローのよみたんミーグルグル!!

よみたん中をミーグルグル。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にキョロキョロしながらウキウキウォッチング!?

タグ:読谷

どうも、キタローです。
昨日、実家の庭から西の空をみたらきれいな夕焼けが。
yy24013001-1
沈んでいく夕陽が、西の空を茜色に染めていました。
いやぁ、いいなぁ。
読谷の夕陽はやっぱりサイコーだ。

明日から、ドラゴンズがキャンプイン。
サガン鳥栖は、キャンプ真っ最中。
あ、V・ファーレン長崎も!

2月は、いろなイベントがてんこ盛りだし、何かと賑やかでいいね読谷村。
お天気も良くてしばらくは暖かそうだし、何より何より。

どうも、キタローです。
ある筋から「いい店ができてる」という情報を入手したものだから、知り合いを誘って早速偵察に行ってきました!
rpbfv01
お店の名前は、Restaurant Palm Beach(レストラン パーム・ビーチ)
場所は、波平の大当(うふどう)にある、少々年季の入ったビル(ボクたち世代だと遊プラザといったほうがわかりやすいかも…)の2階。
以前は、たしか居酒屋(うみぞら)だったところです。
rpbfv03
エントランスもなんだか、だいぶオシャレな感じになっています。
コレは、期待大…っていうか、逆におっさんチームで行ってもいいのか気になります。
ということで、多少不安げにドアを開けるオジサン1。
rpbfv07
中に入ると、先客でカップル(昭和な表現でスミマセン)が一組。
壁は白い漆喰が塗られてて、ウッディーなテーブルや椅子。
小洒落てるじゃありませんか。
なんか、落ち着いた雰囲気で大人な感じ。
rpbfv09
オープンキッチン&カウンターに、2人がけのテーブル席4つ。
テーブルはくっつけたりできるので、それなりの人数にも対応できそうです。
rpbfv10
テーブルの上には、紙のメニュー。
rpbfv06
そして、店内の黒板にはオススメメニューが。
基本、イタリアンのお店のようです。
アカジンとかゲンナーとか、魚が地元名で表示されてたりして、そこもまたいいねー。
ちなみに、お魚は、基本、オーナーが自分で取ってきたもの地のものとのこと。
コリャまた、いいじゃん、いいじゃん。
rpbfv08
オーナーが山形出身ということで、山形産の日本酒が盛りだくさん。
山形の日本酒は、美味いのが揃ってますからね…むむむ、コレは、キケンです。
rpbfv11
そなんこんなで、さっそく注文。
まずは、前菜盛り合わせのプレート
しばらくはジャガイモとほうれん草のオムレツ。
当店自慢のレバーペースト。
ニンジンとキヌアのラペ。
早速、写真を撮り忘れ、恒例の食べかけ。
rpbfv12
山形といえば!のタケダワイナリーのワインも赤白ありました。
ちょっと気取って、白をかるく…(笑)
rpbfv02
そして、コチラ。
オーナー自ら潜って獲ってきたゲンナー(いわゆるイラブチャーの一種で和名はナンヨウブダイ)という魚だそうです。
パームビーチでは、獲ってきた魚をすぐには捌かず、しばらく冷蔵庫で熟成させてから使用するそうです。
むむむ、なんていうか初体験。
期待が高まりますよ。
rpbfv13
ということででてきた、オススメメニューその1。
アカジンのカルパッチョ。
コレは、確かに美味い!
rpbfv14
店の一角には、魚を突く銛が…むむむむ。
rpbfv15
そして、出てきました。
先程のゲンナーのフリット
コレがサクサクふわふわで絶品でした!
塩もいいし、タルタルをかけてもいい。
あーまた食べたい。
rpbfv16
アオノメハタ(ヤーラミーバイ)のアクアパッツァ
クセがなくてしっかりした身でスープにしっかり味が滲み出ててコレまた美味かった。
rpbfv17
美味しい料理と日本酒で、すっかり上機嫌のオジサンたち。
いやぁ、楽しい楽しい。
いやぁ、何より何より。
rpbfv18
あっという間に骨だけになったミーバイ。
スープも全部飲みたい気分でしたよ。
バゲットをもらって浸して食べればよかった…(泣)
rpbfv19
という後悔は多少ありつつも、楽しい夜はあっという間に更けていきました。
ユウキくん、ごちそうさまでした!
また行かなくちゃ。

◆ Restaurant Palm Beach
     所在地 読谷村字波平2414番地2 2F
  営 業 18:00〜23:00(L.O10:00)
  定休日 月曜日(不定休あり)
  問合せ 080-6483-6275

どうも、キタローです。
巨人理容館に散髪にいったら、カリスマが「そういえば、まつだ商店の鯖食べた?」と聞くもんだから、まだ食べたことの無いボクは、帰りにまつだ商店に行ったわけです。
msksss01
まつだ商店の刺し身といえば、神谷鮮魚店なんですが(ちょっとややこしい)、行ってみると…ありました。鯖の刺身。
冷凍の鯖なんですけど、ピカピカに脂が乗ってて…確かに美味そう!
さっそく一匹分買って、ついでに赤星も買って帰って、家で楽しんじゃいました。
いやぁ、サイコーですな。
小さな幸せが染みる今日この頃です。
よし、明日も頑張ろうっと。

どうも、キタローです!
あぶさん、またまたやっちゃいました。
mcakan01
先日の「中華料理のれん」に引き続き、看板まで新調してしまいましたよ。
しかも、「村中華」って…なんちゅーか、ほんちゅーかっていうか(←古い)
mcakan02
いわゆる 町中華ってとこを、(読谷)村なんで村中華にしたわけですね。
そのまんまじゃん!(笑)
ただ、「むら・ちゅうか」なのか「そん・ちゅうか」なのか、読み方が気になる…。
(まぁ、普通に考えたら、”むら・ちゅうか”ですかね。個人的は、”そん・ちゅうか”推しなんですけど。「なんちゅーか、ほんちゅーか」に音が似ているんで←しつこい)
大将的には、”#村中華”をつけてSNSにアップして欲しいようです。
FBやインスタをリサーチしてみたところ、今のところ先行事例も数件あるようですが、まだまだメジャーではないようです。
あぶさんと言えば村中華という時代が来るかもしれません。
っていうか、
なんちゅーか、あぶさん、マヂで中華に爆進中ですね。
ちなみにこの看板、泡盛残波の比嘉酒造 が作ってくれたそうです。
よ!太っ腹。

どうも、キタローです!
読谷山焼玉元工房のギャラリーで、キュートなお皿を見つけました。
tms01
といっても、去年の12月の陶器市のときに手に入れたものなんですけどね。
ちょっと自慢するのが遅くなってしまいました(笑)
tms02
直径約18cm=6寸。
玉元さんの作なのか、それともお弟子さんがつくったのか…絵本の挿絵のような、ちょっとメルヘンチックな感じが(失礼か…?!)なんとも言えないいい味だしてます。
コレは、林…いや、木が三本だから森のなのか?(いや、3✕4だから、森が4箇所かな…つくしではないですよね?)
なかなか他では見たことのない絵付けです。
コレは、ちょっと宝物を発見した気分。(笑)
なんたって、この絵付けで玉元工房のお皿ですからね。
こういう発見(?)があるから、陶器市はやめられないですな!

  電 話 098-958-0764
  住 所 読谷村字座喜味2653番地1

どうも、キタローです!
長浜の美味しいバインミーのお店 CAFE NY が、もとBar NYだったところを改装してリニューアルオープンしたという情報は耳にしつつもなかなか行けずにいたところ、今度は フォー の提供を始めるらしいという情報が!
コレはいかねばなりませぬ!と、いうことで早速行ってきましたー。
cnyff01
CAFE NYの営業は、水曜から土曜日。
水曜日の昼下がりに行ってきましたよ。
cnyff16
新装オープンしたCAFE NYのエントランスはこんな感じ。
入り口の両脇でベトナム(たぶん)の女性の木像がお出迎えしてくれます。
cnyff09
ドアを開けて中に入ると、カウンターがあって、
cnyff03
その上にメニューが書かれた黒板。
cnyff04
ちなみに、カウンターにも手書きの(本日の)メニューが。
ありましたありました!
この日のフォーは、鶏肉のフォー。
ピリ辛ひき肉が追加できるようです。
もちろん、迷わずに注文しました。
(しかし、自家製ハムとクリームチーズのバインミーも魅力的…)
cnyff05
ちなみに、裏面にはドリンクのメニューが。
ベトナムの缶ビールなんかもおいてるそうですよ。
cnyff18
カウンターには、レモングラスのハーブティーとお水。
セルフで、自由にいただけます。
レモングラスティーが、なんとなくあちらの気分になるんでオススメ。
cnyff08
イートインスペースは、さり気なくベトナムっぽい雰囲気の内装。
cnyff19
渋かっこいい(ベトナム風ではないが)ライトがあったり(コレ、まじ欲しい…)
カウンター上の棚にあるカゴ的なの(こちらはベトナムっぽい)もステキ。
cnyff20
と思えば、デザインもさることながら、サビ具合が越妙な鉄製の柵が間仕切りに使用されてたりして。
なかなかクール。
cnyff07
テーブルの上には、各種調味料類がセットされていましたよ。
ニョクマム(ヌックマヌ)の他に、マスタード、タバスコ(島スコ)、コーレーグースーも…結構チャンプルーですな。
沖縄の食堂定番の赤黄箸も。
cnyff06
席についてしばし待っていると…来ました!
鶏肉のフォー、ピリ辛ひき肉追加。950円也。
cnyff02
上から見るとこんな感じ。
鶏肉にピリ辛ひき肉、ネギ、きのこ…それにトマトがトッピングされています。
香草類とライムは別皿に。
cnyff11
フォーに、
cnyff12
バジル、ミント、水菜…かな?それにライム。
cnyff13
葉っぱ類を全部のせて、ライムを絞っていいただきまーす。
cnyff14
いや、美味いっす。
鶏のスープがスッキリさっぱりしてて、軽やかでいいですねー。
出汁が身体に染み渡る感じです。
フォー(米粉の麺)は、お箸使いの下手なボクにはツルツル滑っちゃう感じですが、レンゲも活用しながら無事いただきました。
cnyff15
はい、もちろんスープ一滴残さずに完食。
いやぁ、いいねフォー。
フォーは、水曜日と土曜日限定のメニューだそうです。
ちなみに、今度の土曜日(8月24日)は、エビとアサリのフォーを提供するそうです。
海鮮系ですか…いいですな!
バインミーにフォー…CAFE NY が、ますます魅力的になっちゃって困っちゃうナ。
cnyff17
入り口のドア越しに真栄田岬が見えました。

  所在地 読谷村字長浜135番地3
  電 話 090−8668−0980
  営業日 水、木、金、土 11:30〜 16:00

どうも、キタローです!
知り合いがFBで、いい感じのカフェができたと紹介していたので、早速行ってみました。
vvlcfv01
お店の名前は、VIVA LA COFFEE(ヴィバ ラ コーヒー)。
大湾の丘の上(?)にある外人住宅を改装したお店です。
店主ご夫婦は、2年がかりで世界39カ国を旅したそうです。
そんな二人のお店のコンセプトは「世界を旅するカフェ」。
確かにお店の中には、旅の記憶がちりばめられていましたよ。
vvlcfv03
テーブルに置かれていた、この日のメニュー。
ボクがお店に行ったときは、ブラジルを旅する週だったようです。
写真を撮り忘れたんですが(…すみません)確かオススメとしてブラジルのコーヒーが3週類くらいラインナップされていました。
vvlcfv05
お店の中の様子①
板張りの床が、手作り感を醸し出していていい感じです。
vvlcfv07
お店の中の様子②
入口側のテーブル席から、カウンター側をみた風景。
vvlcfv08
お店の中の様子③
入り口の部屋以外に、奥の部屋にももう一部屋ありました。
vvlcfv09
奥の方の部屋の壁一面には、旅の写真が張られていました。
いろいろなとこ行ってるんだなー、と感心。
旅をしているときに使っていた(たぶん)2つのバックパックが並んで部屋の片隅に置かれていました。
vvlcfv10
ということで、コーヒーを注文。
なんと、テーブルでドリップしてくれました!
ちょっとビックリしたけど、ライブ感満載で楽しいじゃないですか。
ちなみに、ブラジルの伯父さんの農園(!)から仕入れている生豆を自家焙煎しているそうです。(焙煎してから1週間以内の新鮮なコーヒー豆のみを提供しているそうですよ。)
しかも、すべてシングルオリジン(単一農園)のスペシャルティコーヒーなんだそうです。
vvlcfv11
コーヒーの説明や、ちょっとした世間話などをしながら、コーヒーが淹れられていきます。
適温のお湯が注がれると、パーッと芳しいコーヒーの香りが漂ってきました。
vvlcfv12
待つこと数分。
はいどうぞ、と差し出されるカップ。
vvlcfv13
コーヒーって、じっくり見てみるといろんな色が混ざってるんですねー。
香りも、豆の種類や焙煎の仕方、淹れ方によってもいろいろ違ってくるし…奥が深い。
豆の名前はちょっと忘れてしまったんですけど、美味しいコーヒーでした。
vvlcfv14
気分は、遥かブラジルへしばしトリップ…。(笑)
最後の一滴まで、美味しくいただきました。
vvlcfv02
若い店主ご夫婦の笑顔がステキで、店内の雰囲気も気負った感じがなくナチュラルでのんびりと長居してしまいそうです。
スゴくいい感じ。
自家焙煎、シングルオリジン、スペシャルティとか…いろいろな魅力的なキーワードにワクワクしてしまいますが、何より飲んで美味しいコーヒーといい気分になれる雰囲気が溢れててステキなお店でした。
vvlcfv04
今回は、閉店間際に訪問したので飲み物だけいただきましたが、食事やデザートメニューもしっかり用意されているそうですよ。

ちなみに、9:00〜11:30は、お得なドリンク付きのモーニングセットが、そして11:30からは、ブラジル料理をメインとした世界の料理が楽しめるランチタイムとなっているそうです。
近々「ブラジルアマゾンのスーパーフルーツ、アサイーを使ったアサイーボウルも仲間入り予定です♪」だそうです。
ブラジル料理!アマゾンのスーパーフルーツ!。
今度は、ランチタイムに行ってみようかと企んでいます。
いやぁ、いろいろ楽しみですな。

VIVA LA COFFEE
  所在地 読谷村大湾662 D-201
  電 話098-953-8728
  営 業 9:00-17:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
読谷村観光協会のFacebookを観ていたら(知り合いが…ですが)新しいよみとんグッズがリリースされたようなんでさっそくチェックしに行ってきました。
yg19n01
こららがNEWグッズの皆さんです。
巾着袋にコップ、そしてキーホルダー。
yg19n03
まずは、巾着袋。
表は、よみとんTシャツと同じようによみとんの顔のアップ的なデザインです。
yg19n04
裏は、よみとん七変化的なイラシとに、With ジンベエ。
よみとんファンにはたまりませんな。
650円也。
yg19n05
お次は、メラミン樹脂のコップ。
全体に、よみとんイラストと花織デザインが散りばめられています。
まず、こんな感じ。
yg19n06
で、こんな感じ。
yg19n07
さらにこんな感じです。
結構、よみとん大サービスな感じですね。
面取りされてて、八角形になってます。
こちらもカラフルでいいですな!
650円也。
yg19n08
こちら、キーホルダー。
革製です。
色は、黒と茶がありました。
表と裏にそれぞれイラストが入ってて、表は、読谷一番!のイラスト。
yg19n09
裏面は、でーじなとん!のイラスト。
律儀に、読谷村パワーアップキャラクターの文字も入ってます。
500円也。
しかし、どれもこれもカワイイなー。
もちろん3点とも、ゲットしました。
現在、観光協会で絶賛販売してます。
気になる方は、いってみよー!って感じ、ですね。

読谷村観光協会
  所在地 読谷村喜名2346番地1 地域振興センター1F
  電 話 098-958-6494
  営 業 9:00 〜 18:00

どうも、キタローです!
新年会の帰り、どうしてもアレが食べたくて、中華ラーメン醤(じゃん)へ。
jyn19101
新年会の会場からトボトボと歩いて、醤へ。
醤の灯りが、目に染みます。
jyn19102
食べたいアレってもちろん、コレです。
四川担々麺(中辛)。
相変わらず、魅力的な色合いです。
jyn19103
この感じ、この感じですよ!
豚骨スープにゴマペーストとラー油が漂う魅惑の湖面。
jyn19104
このちょっと黄色い麺もいいんですよね。
しっかりコシがあって食べごたえがあります。
しかも、肉味噌がたっぷり絡んで…たまらんな!
もちろん、麺を楽しんだ後は旨みたっぷりのスープに白いごはんを投入です。
担々麺には、デフォルトで白ごはんが付いてるところも気が利いています。
わかってるね、江田ちゃん!
jyn19105
さらに、今、醤(じゃん)で四川担担麺をたべると、よみたん夜あかりスタンプカード にスタンプがもらえます。(カードがない方は、カードももらえますよ。)
振り返ってみると、去年も新年早々醤に行ってました
年明けは、何故か醤気分なんですね。
今年も何かとお世話になると思いますが、よろしくお願いしまーす。

◆ 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休


どうも、キタローです!
新年早々、ランニングをしてたら気になるお店をみつけました。
bco103
bloom coffee okinawa 。
最近の読谷って、ちょっとランニングすると気になるお店を発見しちゃうんですよねー。
bco104
残念ながら、この日はお休みでした。(まぁ、お正月だからしょうがない…)
エントランスの雰囲気もいい感じ。
自転車のイラストが気になります。
自転車、OKってことでしょうか?
場所は、県道12号線沿い、ファミリーマート座喜味店のすぐ近く。
ちょっと喜名よりですね。
以前は別のお店だったと思うんですが、いつの間にかコーヒーのお店になっていました。
bco101
なんかおしゃれな感じですよ。
bco102
朝7時から開いているみたいです。
これは、いいですねー。
コーヒーに軽い食事もできるようですよ…これは近々偵察に行かなばなりませぬ、な。

bloom coffee okinawa
  所在地 読谷村座喜味577番地
  電 話 098-800-2405
  営 業 7:00 〜 17:00
  定休日 木曜日

↑このページのトップヘ